スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【報道】在宅医療で娘さつきを看取るまでを纏めた『冊子』と、寄せる思い

  1. 2014/11/25(火) 18:02:16_
  2. 【報道】
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2

しばらく裁判状況のみの更新が続いていましたが、そのほかの取り組みについてもぼちぼち掲載したいと思います。

2014年10日10日は、さつきの命日でした。
この日の産経新聞大阪本社版夕刊に、大きな記事(A4サイズ・紙面の1/4ページ)が掲載されました。

さつきの事故の経緯とファミサポ制度への問題提起、
そして、この夏に完成した冊子
『娘さつきとの在宅医療生活~「在宅」開始から第二子出産、そして看取りまで~』の紹介の、二本立てです。

20141010産経新聞大阪本社

事故以降、保育関係の集会でさつきの事故とその問題点や、
ファミサポ制度・保育行政について訴える機会をたくさんいただいています。

一方、事故から一年たった頃から、「脳死」と言われる状態ではあるけれど、
その「生」を懸命に生きるさつきのいのちそのもの、すなはちさつきの「生きるかたち」について

また在宅医療生活を始めてからは、そこに至るまでの苦労や葛藤と、「在宅」の実際について
娘を自宅で看取った経験と、とくに小児在宅に関わる医療や福祉への想いについて

そういったことを、倫理・医療・福祉関係の方々にお話させていただく機会も増えました。

母として、娘の頑張りを多くの方に知っていただけることは、率直に嬉しいです。
本当にありがたいことだと思います。

この冊子も、そういった経緯で生まれました。

在宅医療生活を始めるにあたり、「修業」(準備と訓練)のため短期入院したことがきっかけで、
その後もお世話になっている医療・福祉機関から
さつきのいのちと頑張りを、文章にしてはどうか・・・との勧めがありました。

事故当初の絶望や、入院期の苦悩、何度も経験した命の危機、そして自宅で亡くなるまでの日々
もちろん、命あればこそ、幸せな時間もたくさんありましたが
様々な経緯を深く掘り起こして文章にするのは、想像するだけでも大変な作業と思われました

しかし同時に、きっとその作業は、そしてそのようにして出来上がるであろうものは、
私たちにとって貴重な記録であり、財産になるはずだと思いました
何より、それが誰かの力になれるのならば、きっとさつきもそれを願うはずだと思いました。

原稿作成までに2ヶ月、さらに、医療機関とのやりとりで細かい校正を加えること3ヶ月。
今年の7月に、『さつき冊子』は完成しました。

三年間の記憶と記録を掘り起し、さまざまな感情を言葉に紡ぐ過程には、苦しいこともありました。
でも、同時にさつきとの楽しい日々や、幸せだった時間の記憶もまた、鮮やかによみがえり
新たな形で私の心に整理されて、刻まれていくのを感じました。

できあがった冊子だけでなく、その作業のひとつひとつが
大きな意味のあることだったと感じています。
また、このような形で残していただけることで、何よりの記念とさつきへのプレゼントになりました。

冊子は、在宅医療に関わる方々や、当事者の方々に配布されているそうです

さつきが亡くなってから、3度の口演の機会をいただきました。
その度に、
「さつきの体はもうないけれど、こうしてさつきの話ができることで、今もその命は繋がっている」
ことを実感し、形は変わっても、そのいのちは確かにここに存在し、続いているように思えます。

私にとって、生と死は別のものではなく、ひとつづきにある存在のように感じています
ひとが、どのように生きてきたか の延長線上に死があり、それが、亡くなってからにもつながっている
そんなふうに思えます。

お話することで、さつきの命や頑張りを知っていただくだけでも有難いところに
口演や報告・発表の後にいただくメッセージやメールで、
さつきの存在を心に感じる、と言っていただけたとき、本当に嬉しく思います

事故への取り組みとともに、こういった行動も続けていきたいと思います。





スポンサーサイト

【裁判報告】2014.11.11第六回口頭弁論がありました

  1. 2014/11/13(木) 00:27:15_
  2. 裁判報告
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0

2014年11月11日(火)16:30~、娘さつきのファミサポ民事裁判・第六回口頭弁論がありました。

今回の期日も公開で行われ、大阪地方裁判所412号法廷の傍聴席は埋まった状態で開始となりました。
夕方のお忙しい時間にもかかわらず、駆けつけてくださった方々に感謝の思いでいっぱいです。

私たち原告からは、前回の期日で指示を受けていた書面
=さつきが当日寝具として使用したバスタオルの写真と、具体的な説明(材質、大きさ、厚さなど)の説明書
を提出しました。

被告の援助会員女性からは、私たち原告の求釈明への回答として、当日の状況の説明がありましたが
細部についての質問には「記憶にない」という記述がほとんどでした。
被告八尾市社協からは、援助会員への講習についての書面が提出されました。
そして、被告三者(援助会員・社協・八尾市)連名で、RSウイルス原因論について等の主張が再度出されました。
しかし、RSについては、特に新しい主張があるようではなく、
既に被告書面で述べられていたことを再度まとめて主張しているような印象を受けました。
(RSウイルスについてのこの間のやりとりは、【裁判報告】2014.9.12第五回口頭弁論がありました
をお読みください)

裁判は15分程度で終了し、次回(第7回)期日は 2015年1月27日(火)16:30~ 412号法廷
に設定されました。

年をまたぐこともあり、少し長い準備期間となりますが
次は私たちが、被告の主張への反論と、被告の具体的な過失(当日の状況を含む)を主張する回になります。

正直、重苦しい思いでいっぱいです。 

ひとつには、密室で起きたことを、その場にいなかった私たちが主張・立証することについて。
当然ながら自分たちは見ていない状況について、得られたわずかな手がかりを元に明らかにしていかねばなりません。
原告側に立証責任があるという民事裁判の難しさ、
こういった保育事故にとって、裁判は根本的な解決や解明の手段ではない、ということが
やはり私たちの心を苦しめます。

さらに、その作業自体も、私たちにとっては大変つらいものです。

今に始まったことではありませんが、やはり被告援助会員の当日における状況に関する主張を読むたび、
また、事故当時の援助会員や八尾市・社協への聞き取りの記録を見返すたび、
同時に、一番苦しかった日々のことを、そんな状況にあった自分たちのことを、思い起こすことになります。

これからも、数えきれない回数、あの4年前の11月に戻らないといけない。
そう思うだけで、押しつぶされそうな気分になってしまいます。

しかし、諦めずに向き合うことを決めた以上は、
これまでどおり、厳しいときこそ落ち着きと冷静さを忘れず、わきあがる色々な感情を制御しながら、
必要なことを全力で進めていきたいと思います。

期日が終わったことには一安心の思いですが、
先を思うと、憂鬱な年末年始になりそうです。

今月で、事故から4年になります。
11月16日は日曜日ということもあり、
八尾駅前で事故と裁判について、地域の方に知っていただくための行動をしたいと考えています。

また、11月22日には、支援の会の総会を開き、
この1年の取り組みと裁判の状況について報告させていただけることになっています。
18:10~ 八尾プリズムホールの会議室です。(案内は追って掲載する予定です。)
支援の会の方でなくとも、どなたでも参加可能ですので、関心をお持ちいただける方はぜひお越しください。

いつも応援ありがとうございます。
今後とも、よろしくお願い致します。





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



ようこそ

satsuki-moonlight

Author:satsuki-moonlight
2010年11月、ファミサポを利用した1時間のあずかり中に、娘のさつきはうつぶせ寝の心肺停止状態で発見され、その後脳死状態となり、2013年10月に亡くなりました。事故と、事故以降の記録です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

« 2014 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。